INTERVIEW

社員インタビュー

2013年入社

七郷校 講師 / 中学生の英語

長谷川 裕子

Hasegawa Yuuko

就活中、都会にある会社訪問にすごく疲れていた。
はじめて大垣を訪れたとき、
田んぼを揺らす風が妙に心地よかった。
それが志門塾に導かれた瞬間だったかもしれません。

入社前と入社後のお話を聞かせてさい。

地元は滋賀で、大学は九州だったんですけど、就職を機に実家の近くがいいなと考えていました。あとは、大学時代に個別指導のアルバイトをしていて、この仕事を続けたいなと漠然と考えていました。

就職活動でいろいろ調べていたときに、たまたまインターネットでヒットしたのが志門塾でした。面接をしていただいて、会う人会う人が、とにかくすごく優しい人ばかりで、それが一番の理由だった気がします。

他にも2~3社の塾、他業種企業の説明もいくつか受けていました。大阪の企業の説明会に参加したとき、人混みにも疲れ、ぐったりしていたときがあったんです。そんな心境のときに志門塾を訪問したんです。大垣駅を降りて本部まで歩く道中、田んぼに風がさーっと流れたんです。

その光景と心地よさを肌で感じたときになぜかすごくいやされた。なんかいいなと。その気持ちの良い感覚で、この土地に運命を感じたのかもしれません。

実際に働くことになって、やりがいはたくさんあります。大変なんですけど、自分が一生懸命授業をやったときも、子どもと関わるときも、自分がやった分以上に、子どもたちから返ってくるものが大きい。

学力・テストの点数はもちろんなんですけど、それ以上に、できたよーと言って笑顔で報告しに来てくれることに喜びを感じます。この仕事をはじめて自分が想像してた以上に、子どもたちが素直で純粋なことを教えてもらいました。

いつもその存在に驚かされています。ほんの少しでもできることが増えると、子どもたちはものすごく喜んでそれを報告してくれます。そして、先生ありがとうと言ってくれる。お礼をいわれるほどのことをしてるつもりはないけど、感謝の気持ちを届けてくれます。すごくうれしいです。そのたびにもっと、頑張ろう!って思えます。

今は、小学生と中学生を主に教えています。自分は英語が一番好き、というか英語しかできない。勤務している七郷校では尊敬する校舎長にずっとお世話になっています。最初は本当に何もできなかったんですけど、授業も丁寧に見ていただいて、ここが駄目だった、

ここが良かった、ここをもっとこうしたらいいよね、と半年間ずっと親身に指導していただきました。子どもたちからもらうありがとう!とか、できるようになった!という声もうれしいのですが、校舎長にそうやって教えていただいたことも、今までやってこれている理由のひとつだと思います。

長谷川祐子インタビュー画像

志門塾の特長を教えてください。

できないことが多くても一生懸命やれば、見ていてくれる人も応援してくれる人も出てくる。5年間で一番強く思ったことを、新入社員に伝えさせもらった。

後輩と毎日一緒に仕事をする機会が少ないので、普段、なにかを教えることはあまりありません。

ただ、今年、新入社員研修時に新入社員の前でいろいろお話させていただく機会があったんです。新入社員のみなさんには、何でも一生懸命がんばることが大切ですと伝えました。

この感覚は、わたし自身が志門塾で学ばせてもらいました。学生のころは本当に自分の好きな英語しかやっていなくて、苦手なことに自分からチャレンジすることはほぼなかったんです。この会社に入って働くようになってからは、自分にできないことがとても多いと気づいて一生懸命やるしかなかった。

でも、一生懸命やっていると、頑張ってるね!と言ってくれる人が居たり、勉強合宿にも参加させてもらえたり、新入社員研修時に新入社員の前で話をさせてもらえたり、一緒にお仕事しよう、と声をかけてくださる人がいたり、たくさんの新しい可能性に出会えるんです。できないことが多くても一生懸命やれば、見ていてくれる人も応援してくれる人も出てくるんだと感じました。

この5年間で一番強く思ったことだったので、それを新入社員の子たちに伝えることが、今の自分にできることだと思ったのです。
志門塾は、とにかくあったかい塾だと思います。働いてる人、来てくれる子ども、親御さんもそうですね。こうしなさい、あーしなさいという社風がないからでしょうね。

もちろん、最低限のルールはあると思うんですけど、子どものことが好きであれば何をやってもOKという自由な感じがあります。例えば、自分ならではのプリントをつくりたい、と言えばつくらせてもらえますし、ちょっと補習したいんですけど、と言えばやらせてもらえる。掲示物をつくりたい、イベントをしたいと言っても、子どもたちのためならやらせてもらえるんです。すごくやりがいがあります。

子どもたちと関わるときは、とにかく子どもたちの話を聞くことを大切にしています。真剣に聞いてあげること。片手間に、はいはいと聞くのではなく真剣に聞く。

うんうんと一生懸命聞いてあげると、ふと、こんなことを考えてたんだとか、今まで聞けなかった悩みを打ち明けてくれたりします。知ってたつもりでもぜんぜんわかってなかったことを打ち明けてくれるから、まずは真剣に聞いてあげることを心がけています。そして、基本は笑顔です。笑顔で耳を傾けています。

志門塾での印象に残るエピソードを教えてください。

大人たちから厳しい顔をしていろいろ言われることよりも、子どもたちの前で適当な授業をすることの方が恐ろしいこと。本当に責任のある仕事だと痛感した。

入社直後の新入社員研修は印象深いです。研修委員の先輩方と社長や会長も来てくださるんですが、自分たち新入社員の授業に対して、ものすごく厳しくフィードバックしてくださるんです。

それが、ものすごく恐かった。何のために今の説明はしたの?など、厳しく突っ込まれるんです。子どもたちの前で授業をすることは、とても責任の必要なことで本当しっかりと準備をしないとならない。

子どもたちは本当に素直だから、少しでも適当なことをいったり準備不足で入ったりするとすぐがっかりされる、ということをしっかりと教えていただきました。大人たちが厳しい顔をしていろいろ言うことよりも、子どもたちの前で適当な授業をすることの方が恐ろしいと学びました。

ただ、本当に合宿中はつらかった。でも最後の閉会式のときに、みんな良くがんばったね!と、先輩たち、社長が拍手で迎えてくださるんです。そのときに、先輩たちが新入社員一人ひとりに社章をつけてくださって、これで仲間になったね、と言ってくれた。

この瞬間が本当にうれしくて感動して、同期のみんなで大号泣しました。そして、そこで社長が一人ひとり全員に色紙にしたためたメッセージをくださるんです。ちゃんと一人ひとりのことを見てくださっていたんです。なんて素敵な人たちなんだろうと感激したことは今でも忘れられません。

その合宿は、同期の子たちとの絆も深まり、今でも何かあったらすぐに連絡を取り合うような関係になれました。そして、離れた場所で頑張っている同期の子たちを見ると自分も頑張らなくちゃと思えています。それも全部、あの研修のおかげだと思っています。

あとは、校舎に配属されてまもなく、まだ何にもできなかったときの話です。校舎長が、自分は長谷川さんがここに来てくれて本当にうれしい。長谷川さんのその笑顔は、絶対に子どもたちを笑顔にできるから、一緒に頑張っていこう!って言ってくださったこと。何もできなかった自分をしっかり受け入れてくれるんだなとすごく感激しました。

教職も取っていなかったので本当に授業が下手だったんです。だけど、授業中に子どもたちが笑ってくれたり、先生の授業を受けて良かったと言ってくれたり、自分の居場所を校舎の中でも、会社の中でもみんながつくってくださったことには感謝の気持ちしかありません。

本当に子どもたちはみんなかわいい。甘えて来る子も、少しつっぱってしまう子もみんなかわいい。わたしが2年目のときに卒業していった中3の子たちは、卒業するときに受験勉強で忙しい中、わたしのために自分たちの写真をこっそり撮ってメッセージを一人ひとり添えて、本にしてくれたんです。泣きましたね。本当にうれしくてたまらなかったです。

この子たち、今年がちょうど大学受験中なんですけど、進路が決まった子たちが報告しに来てくれています。卒業してもつながってくれていることが、すごく幸せです。

この仕事は、ずっと続いていく。続ければ続けたぶんだけうれしいこと、喜びがわかるから!と先輩方からも聞いていたんですけど、それが本当に最近はわかるようになってきました。本当に充実感の多い素敵な仕事だと感じています。

働く上でのモットー、こだわりを教えてください。

笑顔でいると、思っている以上にまわりの人が喜んでくれることに気づけた。
先生の笑顔で疲れがとれた、先生の笑顔ではげまされたとか。すごく幸せです。

とにかく笑顔で頑張っています。ほとんど意識はしてなかったんですけど、笑顔でいると、自分が思っているよりもまわりの人が喜んでくれることをこの会社で気づかせてもらいました。自分が笑うと、話してる人も笑ってくれます。

子どもたちからのメッセージにも、わたしの印象は笑顔ってことが多いみたいで。。無理して笑ってるわけじゃないのに、先生の笑顔で疲れがとれた、先生の笑顔ではげまされたとか、想像以上に、まわりの人を元気にできるんだなぁ、ってのを知って絶対に子どもが来てくれたときと帰るときは笑顔で関わるようにしています。

怒ったあとでも、ちゃんと笑顔でいるようにしています。あとは、予習や準備は手を抜かないように頑張っています。自分はそんなに学力も教える知識もある方ではないので、絶対に予習はちゃんとしようと決めています。

学生のころよりも、苦手なことに挑戦することが増えたので、ちょっとタフになれてる気がしています。英語しかできなかったんですけど、理科や社会も教えるようになりました。最初はまったくできなかったんですけど、理科や社会の授業で生徒が笑ってくれるようになり、学校の先生よりもわかりやすいと言われることも増えてきました。

正月特訓といって、普段関わらない生徒たちの前で授業をする機会があるんです。それもすごく苦手だったんですけど、一昨年ちょっと挑戦してみようと思ってやってみたら、すごく達成感がありました。子どもたちも喜んでくれたし、苦手なことややりたくないことに挑戦する機会が増えたのが良かったのかもしれません。

まわりにもチャレンジする人が多いからですかね。同期の子たちがすごいんです。1年目から正月特訓の授業をやってたり、校舎長をやってる子がいたり、その同期の子たちをみてたら自分もがんばらなくちゃと思います。

わたしの校舎長もベテランなのに、はじめて合宿に参加して授業に挑戦されてたり、朝から出社して予習されてたり、エリア長として新しいことに挑戦されてたりと何年目になってもチャレンジされています。

ここまで頑張れる理由は、今まで教えていた子どもたちが進学して帰って来たり、バイトとして帰ってきたり、遊びに来てくれた際に、自分がいなかったらがっかりするんだろうな、という思いが強いからです。格好良く言えば、あの子たちを絶対に裏切りたくないという思いかもしれません。

これから志門塾を目指す方に何かメッセージをお願いします。

熱い人、わがままな人は志門塾の社員に向いていると思います。他の会社に行ったらわがままだなと思われてしまう人は、うそをつけない素直な人だと思うから。

子どもたちがびっくりするくらい素直で純粋なので、自分も素直になれます。自分を飾らなくてもいい、そのままの自分、素の自分でいられることが一番の魅力かもしれないですね。そして、何より元気になれます。目の前にいる子どもたちのために何をしてあげたら喜ぶのか、こうしてあげたいと考えられることは本当に幸せです。

熱い人、わがままな人は、志門塾の社員に向いていると思います。他の会社に行ったらわがままだな、って思われてしまう人は、うそをつけない人だと思うので。

自分にうそをついて人に合わせることができない人でもこの会社では輝ける気がします。ありのままの自分でいられるんじゃないでしょうか。子どもたちってすごく鋭くて、自分を隠してかっこいいことを言ってもすぐに見抜くので、うそをついちゃう人には向いてないですね。

わたしはこの会社に入社して、感動と人のために一生懸命になれる自分をもらえました。

毎年、中3の子たちが卒業するときは泣いてしまい、子どもたちが一生懸命がんばって来た姿を見てると泣いてしまいます。合格したら本当にうれしくて、うれしそうに来てくれるのを見ることも幸せです。毎年毎年、しっかりと感動をもらえています。

受験シーズンになると疲れがピークになるんですけど、一番しんどさがピークのときに一番感動させてもらえて満たされる。なんか、ずるいなって思っています、笑。しんどいことも全部忘れさせてくれるから、結局また頑張ってしまう。

これが今も楽しく続けられている理由なのかもしれません。学生時代の友達と飲んで話をするときは、自分の会社はいい人ばっかりなんだよ、と胸をはって言っています。子どもが大好きだったら、ここ以上の環境はないと思います。

志門塾は、まったく飾らないというイメージ。他の塾の説明会では、実績がどうとか売上がどうとかというお話が多かったんですけど、志門塾は、あなたが入社したら何がしたいの、どうしたいの、というお話ばかりでした。

それを、子どもたちに対しても日々おこなっているところが本当に魅力的です。これからも、子どもが一番というのはずっと変わらないはず。そして、卒塾した子たちがいつでも帰ってこられる場所であり続けることも変わらないんでしょうね。

長谷川 裕子さんの仕事中の写真

研修で関わった新入社員の子たちとの写真です。みんな楽しく働いてくれているのが分かって、嬉しかったです。

長谷川 裕子さんの仕事中の写真

卒塾生からもらったプレゼントです。私の宝物です。

長谷川 裕子さんの仕事中の写真

いとこの家の犬(チャポ)です。帰省の度に癒されています。

OTHER INTERVIEWS

他の社員インタビュー

君にしかできないことがある。

自分らしく、ありのままで活躍したいあなたのエントリーをお待ちしております。

ENTRY